トランペット買取:バックトランペット・シルキー・ストンビトランペット・ヤマハトランペットは全国より宅配買取します

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION
052-653-0388
日曜日・月曜日定休
楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

トランペット買取:バック、ヤマハ、シルキー、シャガール、モンケ、レヒナー、ストンビ、XO、ゲッツェン、チェルベニートランペット等

トランペット 買取

トランペット 買取

●学生時代使っていたトランペットが眠っている。
●ヴィンセント・バックへトランペットを買い換えたい。
●ヤマハトランペットからグレードアップしたい。
●オーケストラで演奏するので、ロータリートランペットを手に入れたい。
●持ち替えにピッコロトランペットがあるといいのに。
●C管、E♭管、D管、G管、F管、A管などの特殊管が欲しい。
●今持っているトランペットはいくらぐらいになるのだろう?
●トランペットの査定してもらいたいが、どこのお店よいのかわからない。

そんな時、簡単・迅速に買取いたします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トランペット買取取扱いメーカー

ヤマハ(YAMAHA)、バック(bach)、ウェーバー(Weber)、クーリア(Curia)、XO、キューン(Kuhn)、ゲッツェン(Getzen)、カンスタル(KANSTUL)、コーン(C.G..Conn)、シェルツァー(Johaness Scherzer)、シャガール(Scagerl)、シルキー(Schilke)、タイン(Thein)、チェルベニー(V.F.Cerveny)、ストンビ(Stonvi)、バック、セルマー(Selmer)、ハーグストン(Haagston)、バック(Bach)、ヘッケル(Heckel)、ベッソン(Besson)、ベルント・C・マイヤー(Berndt C.Meyer)、バック、ホルトン(Holton)、シュミット(SCHMIDT)、モンケ(Josef Monke)、レヒナー(Lechner)

トランペット高価買取キャンペーン中!

トランペットフェア中に付き、通常査定より大幅アップ!さらにメーカー指定査定アップ中につきヤマハ、バック、シルキー、ストンビ、シャガール・モンケ、ヘッケル、レヒナーなど有名メーカーはさらに査定金額がアップしています。 総額通常査定の10~15%アップとなっておりますので、この機会に是非ご検討ください!

あきらめていませんか?・・・・このような楽器でも買い取り可能です!

●ピストンが固まって動かない!
●スライドが抜けない!
●トランペットのベルや本体がへこんでいる!
●マウスピースが抜けない!
●トランペットのメッキや塗装が剥れてきている!
●トランペットのサビがひどい!
●音が出ない! ・・・・・などなど。
売却をあきらめていた方!とりあえず査定にお申し込みください。
きっとご満足いただける査定額をお出しいたします。

※状態のよい楽器はもちろんさらに高額査定です!

トランペット/コルネット/フリューゲルホルンの器種確認方法

バックトランペットの場合

バックの場合180MLという器種が殆どだと思いますが、ベルの彫刻部分にModel37とかMidel72とあるものがベルのバックトランペットのモデルです。さらに第2ピストンにMLとかMLVなどのアルファベットが刻印されていると思いますが、これがボアサイズとなります。バックはこのほかにTR-200とか300というモデルもありますがこれらの場合も刻印があります。

ヤマハトランペットの場合

ヤマハトランペットの場合は殆どの場合、YTR-●●●という器種の刻印があります。これらが器種となります。仕上げにより末尾にS(シルバープレート)などが付きます。

-------------------------------------------------
トランペットの取り扱い

演奏前の準備:マウスピースのセットは軽くまわすように入れます。強く押し込まないようにしてください、ピストンをまわさずにまっすぐ途中まで抜いてバルブオイルを2~3滴注入します。その後笠ねじを締めてオイルがなじむように何回かピストンを上下させます。コルネットのピッチは温度で変化しますので、チューニングは管内によく息を吹き込んで温めてから抜差し管で調整します。ピストンの向きはピストンに刻印してある数字をマウスピース側に向くようにしてください。
演奏後のお手入れ:バルブゲーシングの内側の汚れ、ピストンの汚れをガーゼでふき取る、ウォーターキーや抜差し管から管内の水分を出す。抜差し管を抜くときは対応するピストンを押しながら行う。そして、抜差し管の古いグリスを抜き取り新しいグリスを塗布してグリスがなじむように2~3回スライドさせます。最後に柔らかいクロスなどで管体の表面の汚れや埃を取ります。

-----------------------------------------------
ヤマハ
(株)
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている

ヴィンセント・バック
1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン生まれ)、本名ヴィンツェント・シュローテンバッハにより設立された。1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。ヴィンセント・バックは1890年生まれで1976年に没す。設立初期はマウスピースを手がけていましたが、その後トランペット製造をするようになりました。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造した。

シルキー社
シルキーは最高の楽器を作るために熟練した職人の手によってパーツ1つ1つまで自社一貫生産しています。これは、すべてのパーツにおいて最高のレベルを求めるためです。シルキーは組立治具や流れ作業のライン、酸性の溶液などは用いません。このため1本のシルキーが出荷されるまでには、熟練工の膨大な作業時間がかかるのです。シルキーは創業以来すべての製作に一切の妥協を許しません

C.Cコーン社
金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたインディアナ州エルクハート「ブリック・ブラウン楽団」のコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は、1875年、20フィート四方の小さな店で、アメリカ国内では初めてとなるコルネットを製作し、世に送り出しました。1879年に店はより広い区画に移転し、楽器製造が軌道に乗ると、1888年、コーンは15人の楽器職人を呼び寄せ、最高の楽器を作るための工具と互いが刺激し合って、その技術を大いに発揮させることとなりました。彼等の職人芸は、コーンの独創性や意欲とひとつになって楽器を生み出すこととなり、1893年シカゴで開かれた万国博覧会で彼等の楽器が最高栄誉賞を得たことは特筆に値します。
またジョン・フィリップ・スーザ、パトリック・ギルモア、ハーバート・クラーク、アーサー・プロイヤー、A.リベラティなど多くのバンドマスターや演奏家たちが工場を訪れ、「コーン社の驚異的なまでに優れた楽器」を賞賛しました。

シャイアーズ社
アメリカ・ボストンに工房を構えるS.E.シャイアーズ社がトランペットの発売を開始しました。代表スティーブ・シャイアーズは自身がプロのトロンボーン奏者でもあることから、これまで主にトロンボーンを世に送り出してきました。しかしながら、かつてシルキー社でトランペットのベルを製作する職人として研鑽を積んだ経験もあり、創業当初よりトランペットの製作を構想していたといいます。2007年にS.E.シャイアーズはトランペットの開発を本格化。この当初から名手ドク・セヴァリンセンが事実上のアドバイザーとして開発に大きく携り、トップ奏者ならではのノウハウや所有していた希少性の高い膨大な数のヴィンテージ楽器を資料として余すところなく提供しました。数多くの試作・プロトタイプを経て、トランペットが完成。シャイアーズの夢はついに実現しました。 トロンボーンと同様に全てのパーツは自社の工房で徹底したハンドメイドによって製作。アメリカはもちろんのこと、世界各国からの注文が殺到しているため、現時点では納期6~7ヶ月を要する状況が続いておりますが、その高いクオリティーは大好評を博しており、ジャンルを問わず高評価を受けております。全てのミュージックシーンに通用する新たな銘器の登場です。

選べる買取コース

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

買取 取扱い楽器

金管楽器買取 木管楽器買取 その他の楽器買取

情報 STATION

お客様の声 楽器買取の基準 楽器買取エリア 楽器買取に関してよくある質問 サイトマップ

トランペットの歴史と発達
トランペットは他の金管楽器と関連して発達しました。金管楽器の祖先は新石器時代のメガフォン型をしたラッパにまで遡ります。エジプト時代には金属製の軍用ラッパがあったといわれますが、この時期までの楽器は現在のようなトランペット・ホルンなどに分類することができず、金管楽器の祖先とされています。
今から約3000年前のエジプト考古学的出土品の中にはラッパを吹く兵士の絵が残っています。当時の材質は現在主に使用される真鍮(しんちゅう)以外に金・銀・青銅を使用した物や、土・貝・象牙・角・骨・竹・瓢箪などで作られており、形も様々で調子がそれぞれ異なっていました。
当時これらは主に宗教・政治の儀式、軍隊・競技などのファンファーレや信号として使用されました。
古代の終わりから中世にかけて構造・材質にほとんど進歩がなく、11世紀ぐらいに作られたものでも
楽器に彫刻する程度でした。はっきりトランペットの祖先といえる楽器は、ギリシア・ローマ時代になって初めて出現します。ギリシアではサルピンクス[Salpinx]、ローマではトゥーバ[Tuba] あるいはリトゥス[Lituus]と呼ばれ、この楽器は管長がすでに1mを超えており、管は角と金属を継ぎ合せて作られ、マウスピースはカップ型をしています。
12世紀に入ると管を接続することが可能となり、非常に長い楽器が作られました。
長い楽器は調子が低くなることにより、より多くの倍音が出せるようになりました。
14世紀になるとまっすぐ長い楽器では戦争や狩猟などで持ち運ぶ際に不便なため、砂などを詰めて管を曲げることが行われました。15世紀には接続された長い管を曲げて作られたデミルーントランペット[Demilune trumpet]と呼ばれるものがありました。この楽器は現在のホルンでも使用されるベルに右手を入れ半音だけ音程を変化させるストップ奏法を使用して倍音以外の音も出せるようになりました。別名ストッピングトランペットとも呼ばれています。また10世紀頃ヨーロッパ各地では、ツィンク (Zink) という象牙または木でできている楽器が作られました。こちらの楽器は管に穴を開けて倍音以外の音も出せるようにしました。ツィンクの初期は2~4つの穴が開いていましたが、15~18世紀の間に木管楽器のフルートからヒントを得て合計7つの穴が開けられ音階の演奏が可能となりました。この楽器は19世紀まで使用されましたがその後衰退していきました。16世紀頃にはトランペット属が音楽的に認められ、合奏でも使用されるようになります。同時期にはスライドトランペットに似た楽器で、ベルが伸びることで音程が変わるトロンバ・ダ・ティラルシ[Tromba da tirarsi]が作られました。17~18世紀頃には管がうずまき状に巻かれた一見ホルンのような形のクラリーノ[Clarino]と呼ばれるものができました。この楽器には3つの穴が開いており、穴を指で押さえることで音程を変えていました。18世紀にドイツのケールベルが発明したクラッペントランペット[Klappentorompete]は4つの穴が開けられていますが、クラリーノとは違い現在のトランペットの形に近く、木管楽器のようなキイが付いておりこれで穴を塞ぎます。 19世紀に入りトランペットは木管楽器並みの柔軟性や、自由な半音階駆使など音楽的要求が一層高まり、大きな発展をしていきます。 1818年~1820年の間にドイツのブリューメルがカスティンヴェンティル[KastenVentil]といわれる初めてヴァルヴ付きのトランペットを発明しました。この時ヴァルヴはまだ2つでした。 1825年にシェスターが作ったカスティンヴェンティルには3つのヴァルヴが付いています。 楽器名のヴェンティルとはドイツ語で弁という意味です。1827年にはフランスのラバイエによりピストンが発明され、1839年フランスのペリネが現在とほぼ同じ3本ピストンのトランペットを発明しました。
北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄