ヤマハピッコロの買取、:グラナディラ製、銀製、YPCシリーズなどのYAMAHAピッコロ買い取りします

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION
052-653-0388
日曜日・月曜日定休

全国より送料無料で宅配買取しています。愛知県・岐阜県・三重県では一部の地域を除いて店頭買い取り&出張買い取り実施

ヤマハピッコロ 買取

ヤマハピッコロ 買取

●学生時代使っていたヤマハピッコロが眠っている。
●自分の持っているヤマハピッコロがいくらになるか知りたい。
●新品のヤマハピッコロに買い換えたい。
●程度のよい中古のヤマハピッコロに買い換えたい。
●海外のメーカーのピッコロrが欲しいので、今ある楽器をできるだけ高く売りたい
●ピッコロを査定してもらいたいが、どこの店がよいのかわからない。
●他店での下取りが安すぎるので管楽器専門店で見て欲しい。

そんな時、簡単・迅速に買取いたします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヤマハピッコロ買い取り・取り扱い器種、品番

■YPC-32
■YPC-62
■YPC-81
■YPC-82
■YPC-91
■YPC-92

※表記以外の品番でも買取できます

買取キャンペーン中!

ヤマハピッコロの買取フェア中に付き、通常査定より大幅アップ!通常査定の10~15%アップ となっておりますので、この機会に是非ご検討ください!

あきらめていませんか?・・・・このような楽器でも買取可能です!

●ピッコロのキーが動かない!
●タンポが取れていて無い!
●管が少々へこんでいる!
●キーが曲がっている!
●メッキが黒くなっている!
●メッキや塗装が剥れてきている!
●サビがひどい!
●音が出ない! ・・・・・などなど。

あきらめていた方!とりあえず査定にお申し込みください。
きっとご満足いただける査定額をお出しいたします。
※状態のよいピッコロはもちろんさらに高額査定となります!

ヤマハピッコロ モデル名・シリアル番号(製造番号)確認方法

ヤマハピッコロ モデル名・シリアル番号(製造番号)確認方法
殆どの場合本体の刻印部分に81とか32等の刻印があります。これが器種となります。正式にはYPC-81、YPC-321等です。素材により銀製、グラナディラ製等があります。ヤマハの場合は器種を確認できれば素材の構成も判断できますので、器種のみピッコロ買取査定ご依頼時お伝えいただくだけでOKです。ヤマハピッコロは機種の表示が必ずYPC-●●となっています(画像はYPC-81)。

選べる買取コース

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

買取 取扱い楽器

金管楽器買取 木管楽器買取 その他の楽器買取

情報 STATION

お客様の声 楽器買取の基準 楽器買取エリア 楽器買取に関してよくある質問 サイトマップ

ピッコロとは・・・。
ピッコロはフルートの派生楽器(西洋音楽の楽器で標準型の楽器でない楽器)であり、フルートと同じ指使いでちょうど1オクターブ高い音が出る移高楽器である。イタリア語で「小さい」を意味し、音域の異なる同一の楽器群のなかで、高音域をカバーする楽器をさして用いられる。構造はフルートとほぼ同じであるが、同じ指使いで1オクターブ高い音を出せるよう、基本的にはフルートの長さを半分にしたような構造となっている。通常は足部管を欠いているので、最低の2音は出せず、最低音は中央ハから長9度上のニ音である。ピッ日の調整は、頭部管を胴部管に差し込む長さによってピッチを調整する。フルートの管体は洋銀、銀、金などの金属製が大半なのに対し、ピッコロでは金属製の音色が鋭すぎるという理由から、頭部管を金属製として胴部管は黒檀などの木材や合成樹脂を使用したり、頭部管・胴部管ともに木材や合成樹脂を使用することが多い。フルートと基本的な奏法が同じであるため、オーケストラにおいては、いわゆる「持ち替え」によりフルート奏者が兼任することが多いが、演奏・表現技術の高度化などの理由で、専任のピッコロ奏者をおくオーケストラも増えてきた。フルートと比較した場合、発音に速い息が必要であること、楽器の大きさが小さいため細かな唇(アンブシャ)のコントロールが求められる、などの違いがあり、特に高音域の弱音を演奏することは難度が高いと考えられます。
ヤマハ(株)
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。楽器作りの総合メーカーを目指し管楽器の製造に着手したのは1960年代始めであり、それ以降、技術革新のノウハウを蓄積し、全世界から認められるブランドに成長。ヤマハのオーボエは快適な操作性と優れた吹奏感が特長。

北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄