ヤマハオーボエ買取:セミオート・フルオートオーボエはなんでも買い取りします

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION
052-653-0388
日曜日・月曜日定休

全国より送料無料で宅配買取しています。愛知県・岐阜県・三重県では一部の地域を除いて店頭買い取り及び出張買い取り実施

ヤマハオーボエ買取

ヤマハオーボエ買取

ヤマハ(株)
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている。

--------------------------オーボエ・オーボエダモーレの買い取り希望-----------------------

●学生時代使っていたヤマハオーボエが眠っている。
●自分の持っているヤマハオーボエがいくらになるか知りたい。
●新品のヤマハオーボエに買い換えたい。
●程度のよい中古のオーボエに買い換えたい。
●海外のメーカーのオーボエが欲しいので、今ある楽器をできるだけ高く売りたい!
●オーボエを査定してもらいたいが、どこがよいのかわからない。
●他店での下取りが安すぎるので管楽器専門店で見て欲しい。

そんな時、簡単・迅速に買取いたします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヤマハオーボエ買取・ヤマハイングリッシュホルン買取キャンペーン中!

ヤマハオーボエの買取フェア中に付き、通常査定より大幅アップ!通常査定の10~15%アップ となっておりますので、この機会に是非ご検討ください!

あきらめていませんか?・・・・このような楽器でも買取可能です!

●オーボエのキーが動かない!
●タンポが取れていて無い!
●管が少々へこんでいる!
●オーボエのキーが曲がっている!
●メッキが黒くなっている!
●メッキや塗装が剥れてきている!
●イングリッシュホルンのサビがひどい!
●音が出ない! ・・・・・などなど。

あきらめていた方!とりあえず査定にお申し込みください。
きっとご満足いただける査定額をお出しいたします。
※状態のよいオーボエはもちろんさらに高額査定となります!

ヤマハオーボエ モデル名・シリアル番号確認方法

ヤマハオーボエは楽器背面のジョイント部分にYOB-○○○などアルファベットと数字のモデル名(機種)が刻印されています。
■standard/スタンダードモデル
  YOB-431(セミオートマティックシステム) YOB-432(フルオートマティックスシステム)
■custom/カスタムモデル
 YOB-831(セミオートマティック)
 YOB-831KG(セミオート・管体キングウッド・キーゴールドメッキ)
 YOB-832(フルオートマティック)
 YOB-832KG(フルオート・管体キングウッド・キーゴールドメッキ)
■duet+/デュエットプラス
 YOB-431M(上管内面ABS樹脂インサート成型)
 YOB-432M(上管内面ABS樹脂インサート成型)
 YOB-831L(上管内面エボナイトインナーパイプ・トーンホールPOM樹脂埋込)
 YOB-832L(上管内面エボナイトインナーパイプ・トーンホールPOM樹脂埋込)

--------------------------------------------------------------

オーボエ・ダモーレ買い取り
オーボエより短3度低い音で、オーボエより少し大きくぽっこりと丸い卵形のベルが特徴。
音域的にも構造的にもオーボエとイングリッシュホルンの中間的な存在です。
イングリッシュホルン買い取り
別名をコール・アングレと呼びオーボエよりも5度低いF管の楽器です。ベル部分が卵形をしており、内部で音が共振することによってイングリッシュホルン特有の音が出ます。オーボエ・ダモーレよりも少し大きく、ボーカル部分もカーブしています。
バスオーボエ買い取り
オーボエの約2倍の長さがあり、オーボエより1オクターブ低い音が出ます。
オーボエとファゴットの中間に位置する楽器ですが、使用されることは少ないです。

選べる買取コース

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

買取 取扱い楽器

金管楽器買取 木管楽器買取 その他の楽器買取

情報 STATION

お客様の声 楽器買取の基準 楽器買取エリア 楽器買取に関してよくある質問 サイトマップ

オーボエの歴史
オーボエの祖先はヨーロッパで13世紀後期から17世紀にかけて作られたショームといわれています。
このショームはバスーンのリードを小さくしたようなダブルリードで演奏されていましたが、とても大きな音で主に野外での演奏で使用されました。17世紀頃ショームをもとにフランスの楽器職人ジャン・オットテール(Jean Hotteterre)と作曲家のミシェル・ダニカン・フィリドール(Michel Danican Philidor)によりオーボエが作成されました。オーボエは管内径を細くし、リードの先端の幅を狭めることでショームのような荒々しい大きな音でなくなり、室内楽や合奏でも使用されるようになりました。18世紀頃になると楽器にキイが取付けられるようになり、その後音程や音色・楽器の運指を良くしようと改良が進み、19世紀末にフランスの音楽院教授と楽器制作者のトリエベールによって現在主流のコンセルヴァトワール式(フランス式)といわれるシステムが作成されました。

オーボエの特徴
クラリネットやサックスと違い、オーボエは葺(あし)の茎で作られたリードを2枚合わせて作られたダブルリードを使用して演奏します。ストローのように息の取り入れ口が細いため、他の楽器よりも少ない息で演奏が可能です。オーボエという名称はフランス語のオーボワ(Hautbois)からきており、オーボワの意味は高い音の木です。名前の通りオーボエの音は非常によく響き、包み込むような美しいメロディを奏でることができます。

北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄