ヤナギサワサックスの買取:ヤナギサワテナーサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスを高価買い取りします

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION
052-653-0388
日曜日・月曜日定休

全国より送料無料で宅配買取しています。愛知県・岐阜県・三重県では一部の地域を除いて店頭買い取り&出張買い取り実施

ヤナギサワ(柳沢)サックス買取

ヤナギサワ(柳沢)サックス買取

 

●学生時代使っていたヤナギサワサックスが眠っている。
●自分の持っているヤナギサワサックスがいくらになるか知りたい。
●新品のヤナギサワサックスに買い換えたい。
●程度のよい中古のヤナギサワサックスに買い換えたい。
●他メーカーのサックスが欲しいので、今あるSAXをできるだけ高く売りたい!
●柳沢サックスを査定してもらいたいが、どこがよいのかわからない。
●バリトンサックスや、ソプラノサックスなどの特殊なものが欲しい。
●他店での下取りが安すぎるので管楽器専門店で見て欲しい。

そんな時、簡単・迅速に買取いたします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヤナギサワサックス買取・取扱い器種・品番

ヤナギサワサックスはモデル名で器種・管体素材・特徴・仕上げがわかるようになっています。
表示形式は ①-②③④⑤ ⑥⑦ のようになっていて
・①文字はA=アルト、T=テナー、S=ソプラノ、SC=カーブド・ソプラノ、SN=ソプラニーノ、B=バリトン
・②の数字は9でどのモデルでも共通です。
・③の数字は9の場合アッパースタイルネックもしくはデタッチャブルネック。
・④の数字は管体の素材を表していて、1=ブラス、2=ブロンズブラス、3=シルバー製となります。
・⑤の部分は素材がシルバー製のもののみあり、7=総管体シルバー、0=1番管・ベル以外シルバー製となります。
・⑥の部分は仕上の種類で、SP=銀メッキ、GP=金メッキ、PGP=ピンクゴールドメッキ、BSB=ブロンズブラス製ベル銀メッキ仕上げとなります。無印は通常のラッカー仕上です。

■アルトサックス: A-9937、A-992、A-991、A-902、A-901
■テナーサックス: T-9903、T-992、T-991、T-902、T-901
■ソプラノサックス: S-9930、S-992、S-991、S-9030、S-902、S-901
■ソプラニーノサックス: SN-901
■カーブドソプラノサックス: SC-991、SC-992
■バリトンサックス: B-9930BSB、B-992、B-991、B-9930、B-901

買取キャンペーン中!

ヤナギサワサックスの買取フェア中に付き、通常査定より大幅アップ!特にバリトンサックス(バリサク)は通常査定の10~15%アップ となっておりますので、この機会に是非ご検討ください!

バリトンサックス買い取り
バリトンサックスの調性は変ホ(E♭)調でアルトよりも1オクターヴ低い。アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、ベルの折り返し部分に1脚が組み込まれているものも存在する。 主に吹奏楽ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部を担当するほか、ビッグバンドでは低声部を担当する。クラシカルサクソフォーンに於いてはアンサンブル楽器としての性格が強いが、最近ではバリトンをソロ楽器として演奏するプレイヤーも出てきている。ジャズにおいてはジュリーマリガン、ロック・ポップスにおいてはステファン・"ドク"・クプカのような著名なバリトンサックス奏者が存在する。 管楽器で一般にバリトンホルンと区別するために「バリサックス」(Bari Sax)と表現されることがある。また、日本では一般的に「バリサク」という俗称で呼ばれています。

あきらめていませんか?・・・・このような楽器でも買取可能です!

●キーが動かない!
●タンポが取れていて無い!
●管が少々へこんでいる!
●キーが曲がっている!
●メッキが黒くなっている!
●メッキや塗装が剥れてきている!
●サビがひどい!
●音が出ない! ・・・・・などなど。

あきらめていた方!とりあえず査定にお申し込みください。
きっとご満足いただける査定額をお出しいたします。
※状態のよいサックスはもちろんさらに高額査定となります!

ヤナギサワのモデル名とシリアル番号(製造番号)確認方法

ヤナギサワのモデル名確認方法
ヤナギサワサックスの場合、管体の裏側などにモデル名(上の場合は992です)とシリアル番号(00220518)と刻印があります。

選べる買取コース

楽器買取専門サイト 中古楽器STATION 楽器買取専門サイト 中古楽器STATION

買取 取扱い楽器

金管楽器買取 木管楽器買取 その他の楽器買取

情報 STATION

お客様の声 楽器買取の基準 楽器買取エリア 楽器買取に関してよくある質問 サイトマップ

サックスとは・・・
サックスは、ベルギーのアドルフ・サックスによって木管楽器の機動性と金管楽器の力強く大きな音を融合させる目的で発明され、1846年にパリで特許が取得された楽器です。発音原理はクラリネットと同じ1枚のリードを使用するシングルリードのため、管体は金属製ですが木管楽器として分類されています。他の管楽器に比べ歴史が浅いためオーケストラではラヴェルのボレロやビゼーのアルルの女などあまり使用されることはありませんがジャズや吹奏楽では欠かすことのできない楽器になっています。特にジャズの世界ではチャーリー・パーカーやジョン・コルトレーンなど歴史に残る多くの奏者が存在しています

ソプラノサックス買い取り
ソプラノサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトよりも完全5度高いし実音は記譜より2度低い。また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。形状としてはネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)である。柳澤管楽器がカーブドネック(少しカーブしている)の楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)

アルトサックス買い取り
アルトサックスの調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より長6度低い。ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。

テナーサックス買い取り
テナーサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトサックスより完全4度低い音域である。アルトと比較してネックや本体が長く管の曲がりが大きいが、基本的な構造はアルトに類似している(アルト同様、ごく稀にネック部以外がほぼ直管の向いた「ストレートテナー」も存在するが、やはり一般的ではない)。 アルトの次によく使われる楽器で、演奏者も多い。男性的かつ豪快な音色を持つことから、ジャズ、ポピュラーミュージックでは幅広いジャンルでソロ楽器としても重用されている。

 

北海道東北地方:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東地方:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨
信越地方:新潟、長野
北陸地方:富山、石川、福井
東海地方:愛知(名古屋市内)、岐阜、静岡、三重
近畿地方:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国地方:鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国地方:徳島、香川、愛媛、高知
九州沖縄地方:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄